埋没毛の黒ずみには効かない?

 

ピューレパールが効かない黒ずみもあります。

 

 

ピューレパールが効かない黒ずみとは、
埋没毛により毛穴がぼつぼつと黒く見える状態の場合です。

 

 

埋没毛とは
ムダ毛の処理を行った後、毛穴が塞がった状態になり
後から生えてきた毛が表面に出れずに、埋まったままになってしまう状態です。

 

脇などに多く発生し、一見すると普通の黒ずみに見えてしまうので勘違いしやすいです。

 

 

この状態の黒ずみは埋まった毛の色なのでピューレパールでは効果がありません。

 

 

 

埋没毛は皮膚科にいってレーザー治療などを行うしかないので、
いくらメラニン色素や古い角質などに有効的な成分が入っていても効果が得られません。

 

 

埋没毛になると
毛が外に出ないまま皮膚の中で横に生えてゆくので赤く腫れて痛みを伴う場合があります。

 

これは脱毛後の場合
角質肥厚(刺激で皮膚が硬くガサガサになる状態)も関係しています。

 

 

肌は刺激を受けるとメラニン生成が活発になりますが、紫外線以外でもムダ毛の処理や服の摩擦、制汗剤も刺激になります。

 

 

ダメージを受けた肌は角質層も厚くなって、ターンオーバーがくるい、古い角質がいつまでも残ってしまうことでも埋没毛になります。また、汚れが酸化して付着した状態では炎症を起こします。

 

 

埋没毛にピューレパールには効かないのですが

 

抑毛成分や制汗消臭成分が含まれているため、

 

使い続けていくとムダ毛の処理や制汗剤利用の回数も減っていきます。

 

 

これはダメージを減らし
毛穴閉塞(毛穴をふさいでしまうこと)を防げるので埋没毛ができにくくなるとされます。

 

 

ピューレパールなどの専用保湿ができない場合は
できるだけ毛穴をふさがない角質ケアを選ぶことが大切です。

 
2度めのリニューアル情報



  • 販売800000個突破キャンペーンにて 値下げ中

  • 容量が30g→60gに倍増中
  • 片手で使えて酸化しない真空ボトルに
  • 定期コース申し込みでも、いつでも解約OKスタート
  • 永久返金保証制度あり
>>詳しくはコチラのキャンペーンページをご覧ください。